« ETCの高速道路割引を使ってみた | メイン | 円高から円安へ »

ガソリン価格が下がってもカードが必要

租税特別措置法の延長が先延ばしになって、ガソリンが安くなるという話が出ていますが、それでもガソリンは高いですね。

ガソリンの高騰で人気になっているのが石油会社が発行しているクレジットカードで、別名ガソリンカードとも呼ばれています。

このカードは、ENEOS、出光、JOMOなどから出ていて、使えば使うほどガソリン代が安くなるシステムを採用しているカードが多いようです。

私は、NTTグループカードというカードがとってもお得なのでこのカードを選びました。どうしてこのカードなのかというと、ガス代だけでなく携帯代や電話代まで安くなるというサービス満点のカードだからです。

もう1枚持とうかと思っているのは、りそなカードです。りそなカードは、ガソリンカードとは関係ないのですが、メインバンクがりそなで西友が割引になるので非常に使い勝手が良さそうなのです。

いろいろなものが値上がりしているので、クレジットカードを上手く使って節約しようかと思っています。1%くらいの還元率でも稼いだお金を大事に使っていきたいものですよね。

About

2008年03月27日 15:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ETCの高速道路割引を使ってみた」です。

次の投稿は「円高から円安へ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。