メイン | ETCの高速道路割引を使ってみた »

為替や先物投資に参入する人が増える

年が明けてから、東京株式市場は下落を続けています。経済の専門家達は、円高が影響しているとか、外国資本が日本離れしているからなどとおっしゃっております。

株式投資が不調になってくると、外国為替を取引するFXやトウモロコシや原油などを取引する商品先物取引が人気なってくるのではないかと思います。

FXは、ここ数年で爆発的な人気が出ている投資手段で、外国為替の変動差益や、海外の通貨との金利差で利益を出すことができる投資です。かつては、社会的な認知度が低かったのですが、税金を払っていなかった人がニュースで報道されるようになり、それが火種となり人気に加速がつきました。

しかし、FXは業者ごとにだいぶ取引条件に差があり、中級者ぐらいになるとFX業者を比較してで4〜5個の口座を開設することは当たり前のようです。

FXは先物取引の1つですので、同じように実際に預けた証拠金の何倍の取引をすることができるのも魅力ですが、ハイリスクハイリターンの投資ということになります。

原料や原油が値上がりしているので、商品先物取引も注目したい投資手法の一つです。

トウモロコシや原油、ガソリン、金などは1年間にかなりの割合で値が上がりました。そんな資源が取引できる商品先物取引はとりあえず買っておけば当分の間は値上がりが続くのではないかと思います。

しかし、なにかとネガティブなイメージが多い先物取引ですので、業者選びは慎重にしたいところです。大手の有名な業者で、インターネットのみで取引すれば危険性は無いのではないかと思います。

FX業者も商品先物取引業者も、金融庁の規定で電話や訪問での勧誘は禁止されているので、そういった業者とはお付き合いしないように気をつけてください。

About

2008年01月17日 11:05に投稿されたエントリーのページです。

次の投稿は「ETCの高速道路割引を使ってみた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。